PIC

Mac OS で AVR 開発環境

2010/02/28

AVRライタのATtiny2313を書き込むためのライターの購入

  • 共立エレショップ AVRWTR2
    • JP4にジャンパーピンを立てて, ショートピンでショートするとUSBから5V電源を供給出来る.
  • ブレッドボード用ケーブルも購入
    • 2.赤(Vcc)[20pin], 3.橙(SCK)[19pin], 1.茶(MISO)[18pin], 4.黄(MOSI)[17pin],
    • 5.緑(RST)[1pin], 6.青(GND)[10pin] をATtiny2313に接続.
    • ヒューズビットは最後に設定(外部クロックを指定するとチップのみでは変更出来なくなる).

AVRライター(HIDaspx)の作成

Arduino開発環境

  • Arduino HP: Mac OSX用のArduinoをダウンロード.
  • Arduino 2313: ここを参考にする.
  • ATtiny2313によるArduinoを考える: ここも参考にする.
    • ATtiny2313 Arduino core with interrupt supportをダウンロード
      • /Applications/Arduino.app/Contents/Resources/Java/hardware/arduino/cores/attyny2313 に展開する.
      • 上記フォルダに下の内容で main.cpp を準備する.
        #include <WProgram.h>
        int main(void)
        {
                   init(); 
                   setup();
                   for (;;)
                       loop();
                  return 0;
        }
      • /Applications/Arduino.app/Contents/Resources/Java/hardware/arduino/boards.txt に以下を追加
        ##############################################################
        attiny2313.name=My Arduino w/ ATTINY2313
        attiny2313.upload.protocol=hidspx,-d1
        attiny2313.upload.maximum_size=2048
        attiny2313.upload.speed=19200
        attiny2313.bootloader.low_fuses=0xe4
        attiny2313.bootloader.high_fuses=0x9d
        attiny2313.bootloader.extended_fuses=0xff
        attiny2313.bootloader.path=attiny2313
        attiny2313.bootloader.unlock_bits=0xFF
        attiny2313.bootloader.lock_bits=0xCF
        attiny2313.build.mcu=attiny2313
        attiny2313.build.f_cpu=8000000L
        attiny2313.build.core=attiny2313
  • /Applications/Arduino.app/Contents/Resources/Java/lib/preference.txt で
    build.path=build
    のコメントを外し, /Applications/build のフォルダを作る. ここに .hex が残るが, 不要かもしれない!!
  • Arduinoの中から直接hidspxを起動する方法が不明!?
    hidspx -d1 xxxxx.hex
    で /Applications/build の中の .hex を直接書き込めば動いた! -d4 だと書き込みが遅い.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-02 (火) 09:39:42 (3426d)